坐骨神経痛対応 やってはいけない事 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 坐骨神経痛 > 坐骨神経痛対応 やってはいけない事

坐骨神経痛対応 やってはいけない事

坐骨神経痛

坐骨坐骨神経痛のリスクを回避するために坐骨神経痛でやってはいけない事

数ある坐骨神経痛のブログからこのブログを選んで頂きましてありがとうございます。
私は後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症と診断されました。
足が痛くて歩けなくなり病院に行ったらヘルニアも診断されました。
そこからお尻の痛みや全身の痙攣やしびれを経験したり様々な症状を経験しました。
1つずつ紐解いていけば体は良くなるという事がわかり、今はなんの症状もありません。
今坐骨神経痛にお困りの方に少しでも伝わればと思ってブログを書かせて頂いています。
皆様の坐骨神経痛の症状が少しでも緩和するようにこのブログを綴っています。
当院の坐骨神経痛に対する施術方法。

私の坐骨神経痛がなくなった理由

お尻の痛みや足へのしびれや痛みがあって坐骨神経痛と思っている方へ
基本的には腰痛も坐骨神経痛も治し方は一緒です。
坐骨神経痛のしびれでお困りの方はこちら

体の使い方によってお尻に痛みがでるのか?腰にでるのか?足に症状がでるのか?はその人の今までの体の使い方で変わります。
良かれと思って坐骨神経痛のやってはいけない事は沢山あります。

坐骨神経痛に一度かかった方は嫌ですよね。
いつも体の使い方を改善し新しい使い方を癖づければ坐骨神経痛のリスクは改善していきます。

 

悪い姿勢はやめましょう 身体が痛くなる姿勢

どんな姿勢でどんな使い方をしているかは人それぞれなので痛み止めの薬や注射など必要なく施術だけで坐骨神経痛を改善する事が可能です。
特に痛み止めの効かない坐骨神経痛などはより体の捻じれや癖が強いです。
このページでは坐骨神経痛の症状や腰痛をおこしやすい姿勢をやめていただくことと改善方法をお伝えしていきます。

坐骨神経痛股関節の痛みでお困りの方はこちら

坐骨神経痛 蕨でお困りの方

坐骨神経痛という病名が悪いわけではなく皆様におきている症状は姿勢や使い方のせいです。

坐骨神経痛で立つのが痛いです。
坐骨神経痛で歩くのが痛いです。
というのは良く現場で耳にします。
そもそも立つとだけ、座っている時だけ都合よく毎回坐骨神経痛がでるでしょうか??
坐骨神経とは腰からはじまって足先まで伸びています。人体の中でも最も太く長い神経です
坐骨神経痛とは

坐骨神経は太くて長いからこそ病名になりこの神経が悪いです!となっていますが実際の現場での治し方や改善方法は全然違います。
坐骨神経痛死ぬほど痛い!という方はこちら

坐骨神経痛やってはいけないこと 悪い姿勢は症状のは原因になります。

坐骨神経痛の原因はずばり日常の癖や姿勢です。
悪い座り方
このような座り方はしていませんか?
毎日同じ方ばかりやっっている方は要注意です。
坐骨神経痛やってはいけないことです。

坐骨神経痛こんな風に寄りかかってすわっていたり、しかも毎度同じ方向ばかり寄りかかる人が大半です。
悪い姿勢で寝転がる

このような寝方も要注意ですが、睡眠時も毎回同じ方向で寝る方が非常に多いです。
睡眠の寝始めも同じ方向でないと寝れないと!いう方
坐骨神経痛やってはいけないことの1つになります。

 

内股歩き

自分の意識は全然違うけど、内股で歩いたりがに股で歩いたり。
このような癖が坐骨神経痛や腰痛やあるいは足に症状を出します。
知らないうちに痛い方が内股になっているパターンは非常に多いです。
やってる姿勢は人それぞれなので症状も人それぞれです。

足首クロスは坐骨神経痛やってはいけない姿勢

座っている時に足裏はしっかりと床についていますか?

足首クロス

このような姿勢ですわっていませんか?
体は繋がっていますのでお尻が痛いからお尻が悪いわけではありません。
日々の悪い姿勢が下の様々な方の足首のです。
坐骨神経痛やってはいけないこととしてはご自分で気づく悪い姿勢はやめましょう。

坐骨神経痛やってはいけないこと

なんで足首と思われる方もいらっしゃると思いますが、足首の捻じれが今の痛みを出している可能性も高いです。
捻じれすぎて外くるぶしが凄く見えてしまっている方もいらっしゃいます。
そのような方は歩行中毎回足の裏の外側ばかりついています。
同じ筋肉ばかり疲労します。
この状態だと膝まで捻じれてお尻や太ももやふくらはぎの痛みやしびれをおこします。
足首のクロスなんて坐骨神経痛と関係ない!と思っている方
どんどん歩き方が悪くなって痛いところが増えますのでご注意ください。

一般的に言われている病名は坐骨神経痛の症状をおこしません。

坐骨神経痛になる原因として腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などがありますが、そもそも脊柱管狭窄症や、腰椎ヘルニアを自分の姿勢や癖でおこすので坐骨神経痛の原因にはなりえません。
結果坐骨神経痛の症状が出ているのはご自分の姿勢が悪い証拠です。
病名=坐骨神経痛ではないし
坐骨神経痛=症状でもありません。

坐骨神経痛のやってはいけない事

坐骨神経痛気をつけること
そもそもご自分の悪い姿勢が問題なのでまずその姿勢を辞めましょう。
足に不調がある場合は座っている時に足をクロスしたり座っている姿勢が悪い方が多いです。
まずはご自分が悪い姿勢をしていれば辞めましょう。
もちろん当院にご来院頂ければどこが悪くて痛みが出ているか?お伝えしていきます。
それは私の歩けなくなった経験、お尻の痛かった経験、手足のしびれの経験などがあるからです。
単に整骨院で安価にマッサージをしていても坐骨神経痛は良くなりません。

ふくらはぎの外側にしびれや痛みがある坐骨神経痛場合やってはいけないこと

このような症状の方は歩き方が長年間違っている可能性が高いです。
つま先から外側に向けて歩いている方がほとんどです。
ベットに寝て頂くと

坐骨神経痛ふくらはぎの外側に痛みやしびれ

このように足裏が外に向いているパターンです。
いわゆるがに股歩きやあぐらやデスクワーク中に足の裏床についていない事です。
靴のすり減りが強い方も坐骨神経痛や腰痛や足の痛みやしびれを出す事も多いです。

ふくらはぎの外側に痛みやしびれのある坐骨神経痛の場合の解決方法

ストレッチボードなどはもの凄く有効です。
ストレッチボード

この上にのってふくらはぎを伸ばしますが膝裏を伸ばすのがポイントです。
乗っている時に痛くても歩いた時に少し楽であれば何回も乗って頂くと良いと思います。
翌日など筋肉痛になる事があるかもしれませんがやってるうちに慣れてきます。
坐骨神経痛にストレッチや体操は有効な手段です。
ストレッチボードにのっても痛みが変わらない場合は他の事が原因になっていますので原因を探すのが良いです。

20代なのに坐骨神経痛の人がやってはいけない事

20代でお尻の痛みがある女性は痛い側が内股になっている事が多いです。
このパターンの方は体が癖になっているのでだんだん痛みは減りますが時間はかかります。

坐骨神経痛になりやすい内股

20代なのに坐骨神経痛の人の解決案

ご自分の歩行の姿を見れると良いと思います。
自分が内股になっていれば外側に足を出す癖をつけると良いと思います。
内股でもがに股でも過剰になってしまうと坐骨位神経痛の痛みや症状がでます。

座っていて坐骨神経痛のお尻が痛い方、立つ時にお尻が痛い人がやってはいけない事

基本的にこのパターンの方は足の指が使えていません。

反り腰整体ビフォアーアフター

このように体がのけ反ってしまうと歩いている時に足の指を使えていない為にお尻に痛みがきます。
立つ時に痛い方は、立つ時に少し体を前かがみしてからお尻を浮かせましょう。
この時に足を開いている方が非常に多いです。

座って立つ時の痛みの改善方法

片足重心になりすぎている方が多いです。
ある程度左右均等に体重をのせて立ち上がりましょう。
もしそれでも痛い場合はご相談ください。

立ち上がり坐骨神経痛

ストレッチはやっても大丈夫

よく言われます。
ストレッチはやって大丈夫ですか?
結論としてはストレッチはやった方が良いです。
もしくはストレッチして痛くなったんですけど・・・
基本的にやりすぎは要注意です。
とよくみかけますが
私が歩けない時には3時間も4時間もやりました。
やりすぎには注意してくださいと言ってる人はやった事がないからでしょ?と思っちゃいます。
もしくは歩けなくなった事とかないでしょ?と思ってしまいます。

坐骨神経痛ストレッチ

ただしやり方は重要で、もし痛くなるようでしたらどこかの体の筋肉がガチガチになっていてバランス崩した状態です。
例としてはお尻のストレッチをして膝が痛くなった!と言われる事がありますが、では内転筋のストレッチを入れてみましょうとお伝えします。
ご自分での判断は危険ですので痛みが出るようなら中止するのも1つです。
またご自分の使い方の癖をわかっていて使いすぎている筋肉をストレッチするのなら良いのですが、使われていない所をストレッチするのはやってはいけないことです。
内転筋ストレッチ

やり続けなければわからない事が沢山あります。
実際ヨガの先生などで体痛い話を聞いたことがありますか?
私はないですし、この業界入って19年目になりますがボディービルダーやスポーツ選手はありますがヨガの先生の施術はした事ないのであまり痛くならないんじゃないかなーと思います。
歩けなくなってやり続けた私が難病を克服できたのは人の言われてた通りにやらずに自分で1からやってきたからだと思います。
もしあの時にやりすぎは注意しましょう!という言葉を鵜呑みにしていたら今も歩けないままだと思います。

坐骨神経痛の方の注意事項

まずご自分の体を使うのはご自分しかありません。
つまりお尻が今痛くなっていたり、坐骨神経痛の症状を出しているのは今までのご自分の体の使い方が問題です。
私は1度体を壊しているので良くわかりますが、長年の間違った使い方によって今の症状や痛みが出ています。
脊柱管狭窄症や腰椎すべり症なども同じなど体の使い方を変えましょう。
今までの使い方はやってはいけないことです。

坐骨神経痛改善方法

人によりますがまずは自分の悪い姿勢をやめて普段と使い方を変えます。
例 寄りかかって座る人は少し前かがみに。
腰痛説明

このあたりをつまんで左右、上下に引っ張ります。
痛いところは固まっている所なので痛くなくなるまでやるのがおすすめです。
つまめない人は直接肌の上から押してみてください。服の上からではだめです。刺さるような痛みがきたら固まっている証拠です。ご自分でやる場合は判断がうまくつかないと思うのでやりすぎは注意です。

坐骨神経痛の痛みに困っているい方は蕨重症専門くまさんの整骨院にご来院ください。

坐骨神経痛死ぬほど痛い ストレッチ
症例報告、川口市で左足の痛みで坐骨神経痛と診断された方

LINEお問合せ

LINE登録で私が歩けなかった時にやっていた神ストレッチプレゼント。
なんでも経験者は強いと思いませんか?
坐骨神経痛でお困りの方、今皆様の施術をしている整体院、整骨院などは坐骨神経痛を経験している方がみてくれていますか?
これは私も経験しましたがしびれの症状経験した事ない人がしびれを治そうと思っても難しいです。

初回ご来院
オンラインもおこなっていますのでLINEからご相談下さい。
こちらに私の経験をのせていますので坐骨神経痛でお困りの方は一読ください

執筆者(Writer)
金子 太樹

くまさんの整骨院 柔道整復師免許
執筆者情報
最終更新日2024年6月2日