坐骨神経痛やってはいけない事、坐骨神経痛の改善方法 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 坐骨神経痛 > 坐骨神経痛やってはいけない事、坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛やってはいけない事、坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛

坐骨神経痛でやってはいけない事、坐骨神経痛ででお困りの方

お尻の痛みや足へのしびれや痛みがあって坐骨神経痛と思っている方へ
基本的には腰痛も坐骨神経痛も治し方は一緒です。
体の使い方によってお尻に痛みがでるのか?腰にでるのか?足に症状がでるのか?はその人の今までの体の使い方で変わります。

悪い姿勢はやめましょう 身体が痛くなる姿勢

どんな姿勢でどんな使い方をしているかは人それぞれなので痛み止めの薬や注射など必要なく施術だけで坐骨神経痛を改善する事が可能です。
特に痛み止めの効かない坐骨神経痛などはより体の捻じれや癖が強いです。
このページでは坐骨神経痛の症状や腰痛をおこしやすい姿勢をやめていただくことと改善方法をお伝えしていきます。

坐骨神経痛という病名が悪いわけではなく皆様におきている症状は姿勢のせいです。

坐骨神経痛で立つのが痛いです。坐骨神経痛で歩くのが痛いです。というのは良く現場で耳にします。

そもそも立つとだけ、座っている時だけ都合よく毎回坐骨神経痛がでるでしょうか??
坐骨神経とは腰からはじまって足先まで伸びています。人体の中でも最も太く長い神経です。
坐骨神経痛とは

坐骨神経は太くて長いからこそ病名になりこの神経が悪いです!となっていますが実際の現場での治し方や改善方法は全然違います。

坐骨神経痛の原因は

坐骨神経痛の原因はずばり日常の癖や姿勢です。
悪い座り方

こんな風に寄りかかってすわっていたり、しかも毎度同じ方向ばかり寄りかかる人が大半です。
悪い姿勢で寝転がる

いつもこんな寝方をしていたり、更に足をクロスしてたり

内股歩き

自分の意識は全然違うけど、内股で歩いたりがに股で歩いたり。
このような癖が坐骨神経痛や腰痛やあるいは足に症状を出します。
やってる姿勢は人それぞれなので症状も人それぞれです。

一般的に言われている病名は坐骨神経痛の症状をおこしません。

坐骨神経痛になる原因として腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などがありますが、そもそも脊柱管狭窄症や、腰椎ヘルニアを自分の姿勢や癖でおこすので坐骨神経痛の原因にはなりえません。結果坐骨神経痛の症状が出ているのはご自分の姿勢が悪い証拠です。
病名=坐骨神経痛ではないし
坐骨神経痛=症状でもありません。

坐骨神経痛のやってはいけない事

そもそもご自分の悪い姿勢が問題なのでまずその姿勢を辞めましょう。足に不調がある場合は座っている時に足をクロスしたり座っている姿勢が悪い方が多いです。

足首組む

まずはご自分が悪い姿勢をしていれば辞めましょう。

坐骨神経痛改善方法

人によりますがまずは自分の悪い姿勢をやめて普段と使い方を変えます。

例 寄りかかって座る人は少し前かがみに。
腰痛説明

このあたりをつまんで左右、上下に引っ張ります。
痛いところは固まっている所なので痛くなくなるまでやるのがおすすめです。
つまめない人は直接肌の上から押してみてください。服の上からではだめです。刺さるような痛みがきたら固まっている証拠です。

ご自分でやる場合は判断がうまくつかないと思うのでやりすぎは注意です。

坐骨神経痛の痛みに困っているい方蕨重症専門くまさんの整骨院にご来院ください。