坐骨神経痛痛み耐えれない!坐骨神経痛の改善案も日常生活から! | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 坐骨神経痛 > 坐骨神経痛痛み耐えれない!坐骨神経痛の改善案も日常生活から!

坐骨神経痛痛み耐えれない!坐骨神経痛の改善案も日常生活から!

新しい当院のバナー

坐骨神経痛やってはいけない事、まずは坐骨神経痛とは】

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びる坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる痛みやしびれなどの症状です。
おもに坐骨神経痛はお尻が痛い方が多いです。

坐骨神経痛に良く言われている梨状筋の緊張。
ズバリ悪いのは梨状筋ではありません。

坐骨神経痛に必要な改善方法は!?
日常生活における姿勢が悪いのが何年も続いているからです。
子供の坐骨神経痛を聞いたことがありますか?ほとんどないし現場でも見た事ありません。という事はあなたの坐骨神経痛は改善する可能性が高いです!

 

皆様が知りたいのはどうしたら坐骨神経痛の痛みがとれるか?どうしたらこの坐骨神経痛の痛みが再発しないか?ではないでしょうか?ズバリ坐骨神経痛は改善する可能性が高いです。骨盤の乱れが大きくなると坐骨神経痛でも膝まで痛くなります。改善の方法を知っていて再発防止の方法もわかっている当院にご来院しませんか?

 


臀筋
この大臀筋の奥にあるのが梨状筋です。
坐骨神経痛は、坐骨神経が刺激や圧迫を受けることで起こる痛みのことを指します。
この神経は、腰からお尻、太もも、膝、足に至るまでの主要な神経で、その圧迫や刺激は激しい痛みやしびれを引き起こします。

 

【背骨のゆがみと坐骨神経痛の痛みについて】

背骨のゆがみは、坐骨神経痛の一因となります。背骨が歪むと、その結果として神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こします。また、背骨のゆがみは体全体のバランスを崩すため、他の部位にも影響を及ぼすことがあります。

坐骨神経痛は改善できる症状です

【整体と坐骨神経痛の痛みについて】

整体は、背骨のゆがみを調整し、体のバランスを回復することで、坐骨神経痛の改善を目指します
整体師は、患者の体調や症状を詳しく聞き取り、患者の体を触診して問題のある部位を見つけ出します。
その後、ソフトな手技により体のバランスを整え、痛みを軽減します。

 

整体カイロプラクティックアクティベーター

【坐骨神経痛の痛みに耐えられない方、予防と自己管理】

坐骨神経痛の予防や自己管理には、日常生活の中での姿勢の改善やストレッチングが役立ちます。適度な運動により筋力を保つことも重要で、特に腹筋や背筋を強化することで、背骨のゆがみを防ぐことが可能です。
背骨のゆがみは坐骨神経痛の原因の一つであり、整体はそのゆがみを調整することで痛みを軽減します。しかし、全ての坐骨神経痛が整体で改善するわけではなく、重度の症状や持続する痛みの場合は、必ず医療機関での診察を受けてください。健康な生活を送るためには、自身の体を理解し、適切なケアを行うことが重要です。

 

 
そもそもなぜこのブログを読んでいただいている方は困っているのでしょうか?
長年の不良姿勢が坐骨神経痛を引き起こしています。それを薬でなんとかしよう、レントゲンでなんとかしよう、湿布でなんとかしようと、マッサージでなんとかしようとしているのが間違いです。1回のマッサージでなんとかなるとか痛いのが全く痛くなるとか【大量の仕事を1時間で終わらせてください】というのと一緒です。
根本は長年の使い方の間違いや不良姿勢です。それは歩いている時も立っている時も座っている時も寝ている時も間違っています。全部治していかないとたとえ痛みが取れても再発します。


【坐骨神経痛痛みに耐えれない場合は冷やすか、温めるか】

坐骨神経痛の場合、初期の急性期では冷却が推奨されます。アイシング(氷を使った冷却)は、炎症を抑え、痛みを和らげる効果があります。しかし、痛みが慢性化した場合や痛みが落ち着いてきた段階では、血行を良くし筋肉の緊張を和らげるために温めることが有効になります。

【運動か、安静か】

坐骨神経痛に対する運動療法は、適度な筋肉の動きが神経の健康に役立つという考え方に基づいています。しかし、運動は適度に行うことが重要で、激しい運動は症状を悪化させる可能性があります。一方、安静にすることは急性期の痛みを軽減するのに役立ちますが、過度な安静は筋力の低下や筋肉の硬直を引き起こす可能性があります。 
坐骨神経痛のケアは、痛みの状態や段階により異なります。急性期では冷却と安静が有効で、慢性期では温熱療法と適度な運動が推奨されます。ただし、これらは一般的なガイドラインであり、個々の症状や体調に合わせて適切なケアを行うことが重要です。専門家のアドバイスを求めることも忘れずに。

【坐骨神経痛に改善するためにやってはいけない事】

坐骨神経痛を悪化させる可能性がある姿勢には以下のようなものがあります
 長時間の座りっぱなし:デスクワークや長距離運転などで長時間座ることは、腰への負担を増加させ、神経を圧迫する可能性があります。
 前かがみの姿勢:腰を丸めて前かがみになると、背骨と腰に余計なストレスがかかり、神経を刺激する可能性があります。
 重いものを持ち上げる時の姿勢:腰を曲げて重いものを持ち上げると、腰に大きな負担がかかります。正しい方法は膝を曲げ、背筋を使って持ち上げることです。

横座りは、座った状態で片方の脚を曲げて横に傾けることです。横座りをすることによって、坐骨神経に圧迫がかかる可能性があります。特に患者さんによって症状の程度や耐性は異なるため、一概には言えませんが、症状を悪化させることがあるかもしれません。

デブの座り方

坐骨神経痛を抱えている場合、横座りはやめましょう。

高いヒールの履き過ぎ
高いヒールを履くことは、腰や足の筋肉のバランスを崩す原因となります。坐骨神経痛の症状を悪化させる可能性もありますので、普段の生活や仕事でヒールを履くことが多い方は、できるだけ低めのヒールや快適な靴を選ぶようにしましょう。 

【坐骨神経痛と言われたらやってはいけない事当院見解】

お尻が痛ければだいたい病院に行くと坐骨神経痛と言われます。
もちろん自分で調べてこれが当てはまっているという方もいます。
では10代で坐骨神経痛の方はあまりいません。
だいたい30代後半からお年寄りまで坐骨神経痛と言います。
それは長年の間違った使い方が影響しています。
癖は自分ではなかなか気づきにくいです。
しらずしらずのうちに長年やっている事が痛みやしびれをだします。
となればやっている事をやめればいいのです。
例→床に座るのをやめる。

【坐骨神経痛改善のためのアドバイス】

坐骨神経痛の予防や改善のためには、日々の生活の中で以下のことを心掛けると良いでしょう。
 正しい座り方:腰にクッションを当てたり、足を踏み台に乗せるなどして、自然な背骨のカーブを保つ。
 適度な休憩:長時間同じ姿勢を続けると腰への負担が増えます。30分から1時間ごとに立ち上がり、軽く体を動かすことを心掛けましょう。
 正しい持ち上げ方:重いものを持ち上げるときは、膝を曲げて背筋を使い、腰に負担をかけないようにしましょう。
 坐骨神経痛の予防や改善には、日常生活の中での適切な姿勢が重要です。これらのアドバイスが、あなたの坐骨神経痛改善に役立てば幸いです。

曲がったのパターン

体の曲がりは坐骨神経痛の原因になります!お尻が左に曲がっているのがわかりますか?
基本右足は内股になり右のお尻は機能しなく痛くなります!!

坐骨神経痛の再発防止

坐骨神経痛における食事や水分

坐骨神経痛の痛み耐えられない方は、食事と水分は、以下のことに注意するとよいでしょう。

毎日の事の食事や水分も気を付けていますか?足りない栄養素、水分は大丈夫ですか?
今までの飲食の習慣もあなたの痛みを作ります。

  • 水分を十分に摂る

坐骨神経痛の痛みは、炎症によって引き起こされることがあります。水分を十分に摂ることで、炎症を抑えるのに役立ちます。また、水分不足は便秘の原因にもなります。便秘になると、腸が圧迫されて坐骨神経痛の痛みが悪化する可能性があります。
1日の水分足りていますか?筋肉には水も酸素も必要です。
体の60%は水分です。水分を疎かにしていたら痛くなっても仕方ありません。

1日あたりの水分摂取量の目安は、体重1kgあたり30mlです。例えば、体重60kgの人であれば、1日あたり1800mlの水分を摂取する必要があります。水分は、水やお茶、ジュースなど、さまざまな飲み物から摂取することができます。

  • ビタミンやミネラルをバランスよく摂る

ビタミンやミネラルは、筋肉や神経の健康を維持するために欠かせません。坐骨神経痛の痛みを軽減するためには、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、カルシウムなどを積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群は、神経の伝達を助ける働きがあります。ビタミンCは、抗酸化作用によって炎症を抑える働きがあります。マグネシウムは、筋肉の働きを調整する働きがあります。カルシウムは、骨や筋肉の形成に必要な栄養素です。

ビタミンやミネラルは、野菜や果物、海藻、豆類、乳製品など、さまざまな食品から摂取することができます。

  • 脂質や糖質の摂りすぎに注意する

脂質や糖質の摂りすぎは、肥満や炎症の原因になります。肥満や炎症は、坐骨神経痛の痛みを悪化させる可能性があります。

脂質や糖質の摂取量を減らすためには、揚げ物やスイーツなどの脂質や糖質の多い食品の摂りすぎに注意しましょう。また、野菜やきのこ、海藻など、食物繊維が豊富な食品を積極的に摂ることも大切です。

具体的な食事例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 朝食:ヨーグルト、フルーツ、グラノーラ
  • 昼食:野菜たっぷりのサラダ、玄米ご飯、焼き魚
  • 夕食:野菜たっぷりのスープ、煮魚、雑穀ご飯

また、水分は、1日あたり1.5~2リットル程度を目標に摂取しましょう。

坐骨神経痛の痛みは、食事や水分によっても軽減することができます。上記のポイントを参考に、バランスのよい食事を心がけましょう。

自己判断での治療や運動
坐骨神経痛は個人の症状や原因によって異なるため、自己判断での治療や運動は避けるべきです。当院の指導を受けながら、適切な治療法や予防策を実践しましょう

 
長く困っている方、坐骨神経痛を当院で撃退しましょう。
蕨で坐骨神経痛でお困りの方はもちろんさいたま市、戸田市、川口市などの近隣で坐骨神経痛のでお悩みの方蕨重症専門くまさんの整骨院にご来院ください。
 
初回限定
ご登録で私が歩行困難の時に行っていた神ストレッチプレゼント。
友だち追加