腰痛にならないための立ち仕事でのコツと工夫 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 腰痛 > 腰痛にならないための立ち仕事でのコツと工夫

腰痛にならないための立ち仕事でのコツと工夫

川口市腰痛

立ち仕事で仕事中に腰がだんだんと痛くなってきた・・・
という事は多いですよね。
立ちっぱなし腰痛、その原因をくまさんの整骨院が解説したいと思います

 

蕨市 腰痛

立ち仕事での腰痛対策、なぜ腰が痛いのかその原因を解説

立ち仕事で腰痛の不安がある方。
いつもなんでだろうと思っていませんか?

  1. 整形外科にいったら腰の骨の間が狭くなっている
  2. 整骨院に行ったら筋肉が痛んでいる
  3. 昔からヘルニアもちだから

などなど、あなたが理由に思っているものは関係ありません。

 

 
 
 
 
 
 
 
反り腰

このように普段の立ち姿勢に問題があります。
背中が後ろにいってしまい腰の筋肉が縮んでしまいます。
この立ち方が脳が正常だとだと思っているので自分の立ち方で腰痛を起こしているのがわかりません。

立ち仕事による腰痛の姿勢と筋肉の負担

立ちっぱなし腰痛になる理由を細かく見ていきましょう。
人によって様々な癖がありますが簡単なものからその方の独特の癖で立ちっぱなし腰痛を起こします。
子供の頃立ちっぱなしで腰痛があったでしょうか?
大多数の人がないと思います。
長年の姿勢の変化が立ちっぱなし腰痛や立ち仕事で腰痛を起こします。

 

 

反り腰

下の赤矢印の所が筋肉が縮みます。
時間が経てば経つほど腰の筋肉が縮みますので立っている時はいつも腰が痛い状態になります。
ちなみに歩いている時もこれがまっすぐと認識していますので歩けば歩くほど腰痛になります。

腰痛の原因筋肉

上の図のように腰方形筋の短縮、中殿筋の機能低下など無意識でのけ反っている方は、立ち仕事で腰痛になりやすい状態に体を作ってしまっています。




腰痛予防のための簡単なストレッチと体操

上記でご説明したように立ちっぱなしの腰痛は腰の筋肉が縮んでしまっているのに原因があります。

立っていても座っていても良いので体を少し丸めるようにしましょう。
この時には腰が伸びていて痛いと思いますが、腰痛に対する腰の筋肉のストレッチになっています。

ストレッチ

立っていてもこのように腰痛に対して腰の縮んだ筋肉を伸ばすことができます。
いつも腰を反っていますので丸めると腰が痛いですが、何回もやってみてください。
だんだん回数をやると痛みが減ります。
ただし急に曲げてしまうと良くないのでゆっくりとやりましょう。

腰痛

注意点としては反動を使わないで一番下までいったらキープしてあげることです。

体操の場合は前に曲げて後ろに反るを繰り返しても良いです。

腰痛予防ストレッチ太もも

反り腰だと必然に前ももが張るので前もものストレッチを出来ると良いです。

 

前ももストレッチ

寝て行う図ですが立っていても出来ますのでやれる方はやってみると良いと思います。

ストレッチなんかめんどくさい!と思う方は腰を丸めるように心がけてください。

立ち立ち仕事での正しい姿勢

普段の日常ののけ反り姿勢が問題です。
これは前屈みの方で猫背でもよく観察すると立ち方を間違えている方が沢山いて腰痛になりやすい方が多いです。
まずは楽な姿勢で立っている時に踵に重心が乗っているのを変えましょう。
お腹が出ている方は踵に重心がのると余計にのけ反って立っている時に腰の筋肉が縮まり腰痛になります。

 

腰痛の重心

一般的なほとんどの人は赤丸の踵と小指側に重心が立っている時にのります。
これが腰痛の原因や前屈出来ない方の原因となりますし、足首も硬くなってきます。

立ち仕事腰痛の為の腰痛対策グッズ

コルセット 骨盤ベルト

腰痛に有名なのはコルセットです。
上の白いのがコルセットです。
くまさんの整骨院でおすすめなのは下の黒くて細い骨盤ベルトです。

腰痛ベルト

両方つけるとつける位置が違うのがおわかりになりますでしょうか?
そもそも反り腰で筋肉が縮んでしまっているのにコルセットはいかがなものか?と思います。

コルセットレビュー

私は10代から腰痛もちだったので長くコルセットも骨盤ベルもしてきました。
コルセットについてお話します。
付けた時は楽な感じがしますが、外すとどっと重くなります。
学生時代は練習の時に毎日していましたが基本痛くなければしない方が良いです。
腰を反るのは重心、横の骨盤の曲がりは片足重心や首の曲がりなので腰にコルセットをした所で意味はありません。

骨盤ベルトレビュー

ここ10年程骨盤ベルトを使っていたと思います。
時にはガードルなども使っていました。
こちらも腰痛などで痛みはかなり改善します。
当院ではエサキのスリムSIサポートをおススメしています。
ここからが重要です。
自分の悪い姿勢を道具でとめて痛みもなくなると自分の悪い癖を治そうとしません。
そしてそれはのちに爆発します。
私は歩けなくなり、難病と言われました。
やるのであれば圧倒的に骨盤ベルトの方が良いですが、毎日5.6時間とかしているのはおススメしません。

 

立ちっぱなし腰痛には自分の癖を治すのが一番重要

結果間違った自分の使い方を変えてあげるのは1番良いです。
私は経験者だからお話できますが、ずっと腰痛もちでしたがアラフィフの今が一番体が良いです。
歩けなくなり1つずつ自分の体の癖をなおしてきた経験があります。
立ちっぱなし腰痛を長年抱えている方
コルセット巻いて放置してても良い事ないです。
ご来院頂いて当院で改善していきましょう。

 

腰痛バナー

LINE登録で腰痛メンテナンスに良い神ストレッチプレゼント

LINEお問合せ

著者(writer)
金子 太樹

くまさんの整骨院 柔道整復師免許