蕨市 坐骨神経痛治らないを解説・治ると名医!? | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 坐骨神経痛 > 蕨市 坐骨神経痛治らないを解説・治ると名医!?

蕨市 坐骨神経痛治らないを解説・治ると名医!?

蕨市、戸田市、川口市で坐骨神経痛の治らない理由

坐骨神経痛が治らない理由は、様々な要因が関与しており、特に日常生活の姿勢や症状に対する適切なアプローチの欠如が影響を及ぼすことがあります。以下に、坐骨神経痛が治らない主な理由を説明します。
当院見解としては坐骨神経痛ではないからです。
病名=症状ではありません。
当院見解としては骨盤のズレを改善すると早いです。特に坐骨神経痛で死ぬほど痛い方は骨盤から治します。骨盤がズレていると坐骨神経痛でも膝まで痛くなりますししびれがでます。
坐骨神経痛でお尻の痛い方はこちら


あえて一般的な理由としては。

1. 原因の正確な特定不足
坐骨神経痛の原因は多岐にわたり、脊椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、筋肉の緊張、骨盤の歪みなどさまざまな要因が考えられます。症状が続く場合、原因を正確に特定できないことが治らない理由となります。
ヘルニア気味だねとか坐骨神経痛だねとか脊柱管狭窄症だねというのは病名であって=痛みを出すとは限りません。

2. 悪化する姿勢
日常生活の姿勢が坐骨神経痛の症状を悪化させることがあります。例えば、長時間座りっぱなしの姿勢や不適切な座り方、重い物の持ち上げ方などが、坐骨神経に圧力をかけて痛みを増大させる原因になります。
当院見解としてはこれが一番です。
子供の坐骨神経痛を聞いたことがありますか?私は業界長いですがほとんどありません。
坐骨神経痛やってはいけない事をご参考に姿勢を改善してください。

3. 適切な治療の不足
坐骨神経痛の治療には多くのアプローチがあり、適切な治療法を選択しない場合、症状が改善しづらくなります。適切な医療専門家(カイロプラクターなど)による評価と指導が不可欠です。
当院ではカイロプラクティックによるアクティベーターの矯正で悪い所日常の使い方の間違えを指摘出来ます。

坐骨神経痛 蕨で症状改善したい方ご相談ください。

4. 自己管理の不足
坐骨神経痛の症状を緩和するために、運動療法、ストレッチ、姿勢の改善、体重管理などの自己管理が重要です。これらのアクティビティを怠ることで、症状が持続する可能性が高まります。

5. 慢性的な炎症や損傷
坐骨神経が炎症を引き起こす疾患や、神経に損傷が生じた場合、症状が持続することがあります。これらの状態は時間がかかり、完全に治癒しないことがあります。

6. 多因子性
坐骨神経痛は通常、複数の要因によって引き起こされるため、これらの要因を同時に管理しないと、治療が難しくなります。

坐骨神経痛の治療は、原因に応じて個別化されるべきです。症状が持続する場合、治療プランを立てることが重要です。
また、生活習慣の改善や予防策の導入も症状の改善に役立つことがあります。

蕨市、戸田市、川口市などの近隣で坐骨神経痛のでお悩みの方ご来院ください。