お尻が痛くて歩けない・・・ | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 坐骨神経痛 > お尻が痛くて歩けない・・・

お尻が痛くて歩けない・・・

お尻が痛くて歩けない症例

お母さんから「息子がお尻が痛くて救急車で運ばれて」とお話を頂いたので
聞けばずっと寝たきりで立ち上がれないそうなので
じゃあ往診いきましょうか?とお伝えしました。

まず救急車で運ばれて戸田中央病院で股関節の滑液包炎と言われたそうです。
続いて近くの整形で先日とったMRIもっていって坐骨神経痛と言われたそうです。
自分何十万人とみてますけど本当に坐骨神経痛の人2人くらいしかみたことないですよ。とお伝えしました
それもかなりの高齢者です。
高齢者 立てない

寝ている時も痛くて起きてしまう方はなにか対策するかご来院頂いた方が良いです

体の曲りが痛みを出します

「若いので大病してなければ何日も寝たきりになるほど痛いわけないじゃん」と思いつつ、
ちょうどコロナでキャンセルになったのでご依頼を受けていってきました。
今さっきのホットなネタです。
そういえば自分も寝てて急に痛くなって立てなくて救急車で運ばれたなーと思いつつ(笑)
ご自宅におじゃましました。
まず寝方がだいぶ曲がってねていました。
まずは寝ているので立っていただきます。
お尻と太ももの付け根が痛いと差していたのですが
何度かやってもらうとさしていたのが仙腸関節です。

仙腸関節

丁度青い所です。
更に立つと右足に体重のせないようにしていたのでのせてもらいます。
なぜかというと骨盤が曲がるからです。
取りあえずバランスを整える為にお腹の大腰筋を緩めます

両側出ていたので両側バランス取ります。
更に仙腸関節の調整をして
少し歩けるようになったので骨盤ベルトをしめて広背筋にテーピングして帰ってきました。
お母さんにも久しぶりに動いている姿をみたと言われました。

坐骨神経痛死ぬほど痛い!対処法
坐骨神経痛お尻痛い
痛み止め効かない坐骨神経痛の方はご覧ください
坐骨神経痛やってはいけないこと
今回の痛みの原因は

①骨盤が左にいきすぎ
骨盤左体の曲がり

②痛いからかばって体重をのせない事でより痛くしている。

③やわらかい布団に寝ている。

こんな感じですかねー
もちろん24才,25才くらいの方なので一度コツをつかむと治りも早いです。
この症状は自分も歩けなくなっているのでよくわかります(笑)
今回は特に何もしてないで姿勢をみている感じでダメな所を改善してもらう
感じだったので料金も頂いていません。
そもそも往診するという当院の料金設定もありませんし往診そのもはやってません。
寝たきりから立って少し歩けたという事で自分もほっとしたのと
やっぱり姿勢の癖でなおらないよなーと再認識させて頂きました。
帰ってきてからの自分の充実感も凄いです。
「なんかこれがしたくてこの仕事してんだよなー」と自分で再認識させられました。
どこに行っても治らない痛み、症状は一度くまさんの整骨院にご相談ください。

 

蕨市、戸田市、川口市などの近隣でお尻の痛みや坐骨神経痛のでお悩みの方蕨重症専門くまさんの整骨院にご来院ください。

坐骨神経痛死ぬほど痛い ストレッチ

皆様のお困りのお尻の痛み当院整体ですっきりしませんか?
蕨 整体でお探しの方ご来院ください。
ご予約やお問い合わせはLINEからお願いします。
お友達登録で私が歩行困難の時に行っていた神ストレッチプレゼント。

友だち追加

くまさんの整骨院 柔道整復師免許