諦めずに2年間!脊柱管狭窄症と診断され左足の痺れと痛みから解放された患者さんの声 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 脊柱管狭窄症 > 諦めずに2年間!脊柱管狭窄症と診断され左足の痺れと痛みから解放された患者さんの声

諦めずに2年間!脊柱管狭窄症と診断され左足の痺れと痛みから解放された患者さんの声

整体カイロプラクティックアクティベーター肩の矯正

諦めずに2年間!左足の痺れと痛みから解放された患者さんの声

インタビュー:蕨重症専門くまさんの整骨院

このブログを読んでいただきありがとうございます。読んでいただいている方は脊柱管狭窄症の症状にお悩みの方だと思います。
脊柱管狭窄症の症状は足のしびれでしょうか?腰の痛みでしょうか?皆様のお悩みは当院で解決できます。
手術したくない!とお考えの方ご相談ください。

 

脊柱管狭窄症でお困りの方蕨西口からご来院頂きました

こんにちは、くまさんの整骨院です。今回は、蕨在住の方で脊柱管狭窄症と整形外科で診断されて、左足の痺れと痛みで長年悩んでいた患者さんのインタビューをお届けします。整形外科や針治療でも改善が見られなかった患者様は、当院でどのような施術を受け、どのように症状が改善していったのでしょうか?

脊柱管狭窄症 インタビュー

患者様は、左側の腰から足首まで痺れと痛みがあり、特に左くるぶしが痛かったとのことです。整形外科を受診しましたが、異常なしと診断され、治療を受けることはなかったそうです。その後、針治療を試しましたが、効果を感じられず、当院に来院されました。インタビューはトップページからご覧いただけます。

蕨西口から蕨東口にある当院を選んだ理由

患者様は、針治療をやめて、藁にもすがる思いで当院に来院されました。来院理由は、友人に当院を紹介されたことです。

脊柱管狭窄症痛みしびれの施術後の変化

患者様は、当院に通院することで徐々に痛みやしびれは緩和し、2年かけて症状が改善されました。最初はなかなか改善が見られず、不安もあったようですが、だんだんと痛みやしびれの出る時間もきて、諦めずに通院を続け、今では痛みや痺れを感じることなく生活を送られています。
もちろん2年の間に良い日もありだんだんと症状が改善されていきます。
最初と同じ痛みが2年続くわけではありません。

歩く

今は朝当院がお伝えしているセルフケアも30分行って頂いています。
1日の中でボーっとしている時間があればご自分の体のメンテナンスを行いましょう。

施術方法は?

脊柱管狭窄症に有効なアクティベーターを使った矯正をしていました。骨盤、腰椎の筋肉の緊張も過剰だったのでブロックでの施術も行いました。


骨盤矯正

蕨、川口、戸田で同じ脊柱管狭窄症の症状で悩む方へのメッセージ

患者様は、同じ症状で悩む方へ、諦めずに治療を続けることの大切さを語りました。

院長からのコメント

患者様の喜びの声は、私たちにとって大きな励みです。同じ症状で悩んでいる方は、ぜひ当院にご相談ください。蕨の西口から今もメンテナンスでご来院頂いています。年齢を重ねましたが今が一番調子良いそうです。
この患者様は当時仕事の通勤の帰りには座って休まないと歩けないほどでした。今は75才をこえてハイキングにいっても痛くならないほど、当時の経験を繰り返さない為にメンテナンスを続けて頂いています。
蕨で脊柱管狭窄症にお悩みの方、初回限定お試し割引がありますのでご利用ください。
チラシ 蕨重症専門くまさんの整骨院チラシ

インタビュー後記

皆さん早く症状を改善したいのはよくわかります。だんだんと回復するので諦めずに続ける事が大事です。ご本人はあまり覚えていませんでしたが、だんだんと痺れも痛みも当時のカルテをみると良くなっていました。駅で休むのも半年後にはほとんどなくなっていました。自分の体は自分しか使いません。自分以外壊しません。病名が悪い、脊柱管狭窄症が悪いわけではありません。諦めずに治療を続けた結果、症状が改善したことが伝わりました。