腰痛とお尻痛い違いを当院の施術を含め詳しく解説 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 坐骨神経痛 > 腰痛とお尻痛い違いを当院の施術を含め詳しく解説

腰痛とお尻痛い違いを当院の施術を含め詳しく解説

腰痛坐骨神経痛

腰痛とお尻痛いの違いを詳しく解説【蕨市】【川口市】【戸田市】

坐骨神経は図のように赤い筋肉が黄色神経を邪魔して腰から足まで痛みやしびれをおこす症状です。
同じお尻が痛いでも坐骨神経痛でないパターンもあります。

腰痛とは一般的にメジャーな症状です。
腰痛整体ってどんなことやるの?という方はこちら

腰痛いです。
とご来院されてお尻触っていたりする事は多いです。
上の写真の手の位置より上に行くと背中になりますし下に行くとお尻になります。
蕨市で腰痛を治したい方蕨市で坐骨神経痛でお悩みの方はご相談ください。

坐骨神経痛死ぬほど痛いと腰痛寝返りが激痛の方の解説は、どちらも腰やお尻の痛みを引き起こす状態ですが、原因や症状にはいくつかの違いがあります。【蕨市】【戸田市】【川口市】

 

坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されることによって起こります。坐骨神経は、腰から臀部、太ももの後面を通って足まで伸びる大きな神経です。坐骨神経が圧迫されると、腰やお尻、太ももの後ろ、下肢までの痛みが生じることがあります。
腰痛は、腰部に生じる痛みのことを指します。一般的には、腰椎の筋肉や関節の問題、腰椎椎間板の損傷、腰部の捻挫や筋肉の炎症などが原因となります。腰痛は、腰部の痛みのみを示す傾向があります。
坐骨神経痛は、しばしば下肢の痺れ、ピリピリ感、痛みの放散、坐骨神経沿いの痛みの感覚があります。また、咳やくしゃみ、座ったり立ち上がったりする動作で痛みが増強することもあります。一方、腰痛は主に腰部に感じる痛みで、下肢への痺れやピリピリ感は少ないことが多いです。
診断や治療のためには、専門医による評価が必要です。身体の状態に合わせた適切な治療方法を受けることで、痛みを緩和することができます。

腰痛対策におけるストレッチ【蕨市】【戸田市】【川口市】

 

腰痛の対策として、いくつかのストレッチを試してみることができます。以下にいくつかの腰痛対策ストレッチを紹介します。

1. 腰部ストレッチ:立ち上がり、足を肩幅に開き、腰を丸めるようにして前傾します。手を床につけるような形で、腰を伸ばしましょう。このポーズを数秒キープしてから、ゆっくりと立ち上がります。これを数回繰り返すと腰部のストレッチになります。

腰ストレッチ

2. 臀部ストレッチ:地面に座り、片足を伸ばしたままもう一方の足を曲げます。伸ばした足を手でつかみ、背筋を伸ばしましょう。片側に向かって軽く体を傾け、臀部や腰部のストレッチを感じます。数秒キープしてから反対側も同様に行います。

腰、ハムストストレッチ

3. 腰部回旋ストレッチ:床に仰向けに寝て、両膝を曲げた状態で足をくっつけます。両手を広げて肩の高さまで持ち上げ、両膝を一方にゆっくりと倒します。頭は逆方向に向けるようにします。このポーズを数秒キープしてから反対側も同様に行います。
これらは一般的な腰痛対策ストレッチの例ですが、個々の体の状態によって異なる場合があります。
無理な動作や痛みを感じる場合は中止しまたしましょう。
また、ストレッチだけでなく、腰部の筋力トレーニングや姿勢の改善も重要な腰痛対策となります。

 

坐骨神経痛におけるストレッチ【蕨市】【川口市】【戸田市】

坐骨神経痛の対策としては、以下のストレッチが効果的です。

1. ピラミッドポーズ:足を広げた姿勢で立ち、一方の足を前に大きく踏み出し、もう一方の足を後ろに置きます。前の足の膝を曲げ、後ろの足のかかとを床につけます。身体を前に傾け、ストレッチを感じるまで腰とハムストリングを伸ばします。数十秒キープし、反対側も同様に行います。

2. スラウチングストレッチ:床に座り、両足を前に伸ばします。片方の足を曲げ、そのかかとをもう一方の太もも内側に押し込みます。そのままゆっくりと上体を前に倒し、ストレッチを感じるまで維持します。数十秒キープし、反対側も同様に行います。

3. ピジョンポーズ:地面に四つん這いの姿勢で、一方の膝を曲げ、前に伸ばします。もう一方の足を後ろに伸ばし、地面につけたまま身体を前に倒します。腰や臀部のストレッチが感じられるまで保持し、数十秒キープします。反対側も同様に行います。

これらは一般的な坐骨神経痛対策ストレッチの例ですが、体の状態や痛みの原因によって効果が異なる場合があります。症状の重篤さや持続性がある場合は、医師や理学療法士の指導の下、個別にアドバイスを受けることをおすすめします。

坐骨神経痛やってはいけない事はこちら

坐骨神経痛、腰痛における当院施術【蕨市】【川口市】【戸田市】

当院整体はアクティベーターという器具を使って施術します

アクティベーターの施術はこちら

 

 

アクティベーターは、脊椎調整のために使用される手技療法の一種です。通常は腰や背中の痛みや不快感の改善を目的として行われます。

アクティベーターは、手で直接調整する代わりに特殊な装置を使用して調整を行います。装置は一般的に小さく、スプリングやパワーリリースなどの仕組みを持っています。施術者は、装置を特定の部位に配置し、軽く押します。これにより、脊椎の関節や筋肉に働きかけ、バランスや動きを改善しようとします。

アクティベーターによる腰痛施術の利点は、脊椎の位置や関節の動きを調整するために非常に精密な操作が可能であることです。施術者は、個々の患者の症状と状態に合わせて、必要な調整を行うことができます。また、アクティベーターを使用することで、施術の安全性も高まります。

アクティベーター施術は、一般的に脊椎の調整に使用される手技療法ですが、坐骨神経痛の治療にも一部の施術者が使用することがあります。

坐骨神経痛は、坐骨神経の圧迫や炎症によって引き起こされる腰痛や下肢の痛みです。アクティベーター施術では、特殊な装置を使用して脊椎の調整を行い、坐骨神経の圧迫を緩和しようとします。

具体的なアクティベーター施術の方法は、施術者やその人の状態によって異なる場合があります。一般的には、アクティベーター装置を使用して特定の部位に働きかけることで、脊椎のバランスや関節の動きを改善し、坐骨神経の圧迫を軽減します。

インディバアクティブの施術

インディバの施術はこちら

インディバアクティブは、電磁波を使用した治療法の一種です。この治療法では、高周波の電磁波を体に当てて熱を発生させ、血流を改善し、組織の修復を促すことを目的としています。

腰痛に対するインディバアクティブの施術では、治療を受ける部位にアプリケーターを配置し、電磁波を照射します。この照射によって、局所的な熱が発生し、血液循環が促進されます。また、炎症の緩和や筋肉の緊張の緩和にも効果があるとされています。

インディバアクティブは、痛みの軽減や機能改善に対して良い結果をもたらすことが報告されています。また、急性期から慢性期の腰痛に対しても効果があるとされています。

インディバアクティブは、電磁波を使用した治療法の一種であり、坐骨神経痛の施術にも使用されることがあります。

坐骨神経痛は、坐骨神経の圧迫や炎症によって引き起こされる腰痛や下肢の痛みです。インディバアクティブの施術では、局所的に電磁波を照射することにより、血流を改善し、組織の修復を促すことが期待されます。これによって坐骨神経の圧迫や炎症を緩和し、痛みの軽減を図ることが目指されます。

このように全身の骨と筋肉のバランスをみながら当院は施術していきます。

蕨市、戸田市、川口市などの近隣で脊柱管狭窄症、腰痛・坐骨神経痛のでお悩みの方ご来院ください。

 

お得な初回割引特典はこちら

坐骨神経痛死ぬほど痛い ストレッチ

LINEお問合せ

くまさんの整骨院 柔道整復師免許