これが1年の成果!真面目にリハビリすれば回復する片麻痺リハビリ | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 片麻痺のリハビリ > これが1年の成果!真面目にリハビリすれば回復する片麻痺リハビリ

これが1年の成果!真面目にリハビリすれば回復する片麻痺リハビリ

脳卒中後遺症片麻痺

これが1年の成果!片麻痺のリハビリ

病院ではもうこれ以上リハビリでは良くなりませんと言われて(症状固定)
落ち込んでしまったが、でもあきらめたくない!と思い1人で一生懸命毎朝スクワットと歩行をしてました。(本人談)
ある時麻痺側の股関節と肩の痛みでご来院されました。

脳卒中後遺症困る事

脳卒中後遺症片麻痺のリハビリへの私の想いです。

私は2020年に歩行困難になりました。そして難病後縦靭帯骨化症黄色靭帯骨化症と診断されました。しかし私はこの病名が悪いわけではない!と毎日毎日体を戻す作業をしていました。
結果、私の体は10年前より良い状態になりましたし、走るのも、歩くのも何をするにも困らくなくなりました。ここまで2年半かかっています。こんな経験をした私だからこそ皆様に【頑張れば体はどんどんよくなっていく!】という想いをお伝えしたいです。
そんな私が体調が少し良くなっている時に脳出血後遺症の片麻痺の方がご来院されて、今1年後ご本人もびっくりするほど回復していて更に二人で上を目指しています。簡単ではありませんが1つ1つ丁寧に元に戻していく作業飽きることなくやり続ける事です。それがなかなか誰でも難しい事です。私は足の指1本からこだわって毎日戻していました。同じことを片麻痺の方にも行っています。そうすることにより1年間なにもしなかった人と比べて段違いの差が出ます。誰もが嫌です・しかしそれをやっていく事により年齢重ねた時の痛みや症状は格段に違います。今は大丈夫だからいいやと後回しにせずにリハビリをやって頂けたらと思います。

脳卒中後遺症の日常で困る事をブログでまとめました

片麻痺回復へ頑張りたい方、片麻痺の自主トレ上肢・下肢

治療院が行う片麻痺のリハビリ

理学療法士ではない何十万の痛いしびれるを診てきた治療家の片麻痺のリハビリにご興味ありませんか?
脳出血後遺症の右麻痺の方の事例です。
最初は歩くの頑張っていて右股関節の痛み、右肩の痛みでご来院頂きました。

そこからお話をしてリハビリスタートです。
なかなか入院中病院でいわれていた事と違ったりと最初は受け入れられなかった感じでしたが
自分の歩けないのを治した経験があるので何度も何度も伝えました。
不安

つい最近伺ったお話です。
片麻痺の方は歩行に対して物凄い意識が高いんだなーと実感しました。
お年寄りの方もそうですけど【自分の足で歩きたい!】というのはみんなの共通事項だな~と。
当時私も歩けなくて困ったのですが私の場合は歩行もですが仕事に支障をきたす激痛があったので
そちらが優先でした。
1年リハビリを頑張って行った結果がこちら
(YouTube動画です)

 

正直最初の頃の歩きをいくら頑張ってもここまでにはなれなかったと思います。
自己流でやっていってうまくいくなら痛くはなりませんので。
自分が歩けなくなった時におこなったことを1つずつ当てはめていき
足らないものを修正しつつ、受け入れてもらえない場合は何度も何度も伝えていきました。

 


片麻痺リハビリもある程度やっていけばここまでになれるという事です。
もちろん個人差はありますが・・・
階段の1段飛ばしものっていますが正直片麻痺の方で出来る人は少ないのではないでしょうか?
伝えている自分の方はなにを伝えているか忘れている事が多いと思うので今度
片麻痺リハビリ歩行訓練でなにを気を付けていたか?聞いてみようと思います。
病院や理学療法士さんとは一味違うリハビリをしてみませんか?
皆さんと同じように私は歩けなくて大変な思いをしきていますので。
片麻痺の歩行スピードについて

当院で片麻痺リハビリを行っている方にお話をお伺いしました

通院4カ月目の対談動画です。

 

この頃から今より良くなると確信はありました(笑)なぜかというと自分の体が良くなっているからです。


2回目のインタビュー歩行スピードがあがりましたとのご報告です。

 

今では驚異的な健常者よりはやい歩行スピードです。

当院で片麻痺リハビリをしてみませんか?

遠方の方はオンライン

蕨市、戸田市、川口市、さいたま市、草加市などの近隣方で片麻痺の方一緒にリハビリして歩行を改善しましょう!

蕨駅、川口駅、西川口駅、南浦和駅で片麻痺のリハビリをお探しの方一緒に頑張りましょう!

お一人で悩まなくて大丈夫です。蕨重症専門くまさんの整骨院にご相談ください。
片麻痺オファー