靴下を履く時のお尻の痛み | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 坐骨神経痛 > 靴下を履く時のお尻の痛み

靴下を履く時のお尻の痛み

靴下を履く時のお尻の痛みあるいは足を上げた時のお尻の痛み

片足立ちで靴下をはこうとするとお尻が痛いとの事です。
そもそも片足立ちで靴下は履かない方がいいです。
仙腸関節痛めますので。というわけでこのような靴下を履く時の痛みは坐骨神経痛ではなく仙腸関節の痛みが多いです。
整形外科で坐骨神経痛と言われたけど仙腸関節の痛みの方もかなりいます。
坐骨神経痛で靴下を履く時に腰やお尻に症状が出る場合は体の捻じれが強い方に多いです。

仙腸関節の痛みの特徴

水色の所が仙腸関節です。足をあげると水色の所が痛くなります。靴下を履く動作も足をあげる為同じ痛みが出ます。
歩行では痛くない方もいますが、痛い人もいるといった所です。
職業的には車の運転の多い方はなりやすいです。
骨盤をぐるぐる回したりしても痛みが出る可能性があります。
ある意味坐骨神経痛とも言えなくもないです。坐骨神経痛死ぬほど痛い!激痛の方はこちらもご覧ください

なんでお尻が痛いの?

股関節と骨盤の関係の悪さがあったり、車など運転が多い場合は同じ方ばかり体重がのっていたりします。ここの痛みは勝手にひいてこなし、癖も変わらないのでぶり返します。
なので自分でなんとかしようと思わない方が良いのと、我慢してれば他の痛みも出てきます。
たかがお尻の痛み!と思っても我慢したり、自分でいじらない方が良いです。

このお尻の痛みを治すにはどうしたら良い?

コルセットではない骨盤ベルトはおもちですか?
腰痛コルセット
こちらがコルセット。これであればあまり意味ないので使わない方が良いです。骨盤ベルトをあくまでお持ちの方はという事です。
骨盤ベルト
骨盤ベルトはこのような感じで細いです。
コルセットは巻いても意味がないと思うので骨盤ベルトがあれば骨盤に締めるようにしてください。
骨盤のズレが大きいと坐骨神経痛で膝が痛くなったり、しびれがきたりします。
腰痛説明

青い位置に締めます。
可能であれば太ももの内ももストレッチを出来ると良いと思います。
内転筋ストレッチ

このような感じで内ももを伸ばした後歩いてみて痛みがどうかです。
最初に申し上げたように自分で治すには危険です。できるだけ痛いまま当院にご来院頂けると幸いです。

お尻の痛み耐えられない場合

色々の要素が加味していると思います。
長い猫背で完全に肩甲骨がロックしていたり、この場合は本当にすぐご来院頂いた方が良いです。

 

お尻、腰の痛み蕨重症専門くまさんの整骨院に1度ご相談下さい。