脳卒中後の自費リハビリ | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 片麻痺のリハビリ > 脳卒中後の自費リハビリ

脳卒中後の自費リハビリ

一般的な脳卒中後の片麻痺自費リハビリの見解

脳卒中後の自費リハビリテーションは、医療保険や公的な支援を受けずに、個人が自身の健康状態やリハビリテーションのニーズに合わせて、専門の医療プロフェッショナルやセラピストのサービスを受けることを指します。脳卒中後の自費リハビリは、怪我や病気の回復、身体機能の向上、疼痛管理、運動能力の向上など、様々な健康関連の目標に対応できます。

脳卒中後の右片麻痺、左片麻痺についてはこちら

脳卒中後の自費リハビリテーションの特徴は次の通りです:

1. 費用負担: 自費リハビリテーションの費用は患者自身が支払う必要があります。医療保険や公的プログラムが適用されないため、費用が高額になることがあります。

2. カスタマイズ: 自費リハビリは、個々の患者のニーズに合わせてカスタマイズされます。セラピストや専門家と協力して、治療プランを立てることが一般的です。

3. 選択肢: 患者は、自分のリハビリケアを提供する施設やプロバイダーを選択する自由があります。これにより、信頼性の高い専門家を選ぶことができます。

4. 様々なサービス: 自費リハビリは、物理療法、作業療法、言語療法、心理療法など、さまざまな専門家とサービスを利用できます。

脳卒中後の自費リハビリを受ける前に、予算とニーズを考慮し、信頼性のある専門家やセンターを選ぶことが重要です。

当院での自費片麻痺自費リハビリ

私が歩行困難になって後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症と診断されました。その前の歩行痛があった時は股関節は綺麗だけどヘルニアだろうから注射打ちますか?と言われたのですぐに拒否しました。麻薬の薬も出されましたが全く効かないので1.2回飲んでお断りしました。【この痛みは上記の難病のせいではない!】と思っていたので自分で全て治しました。
結果→歩行困難、歩行痛、杖をついて歩く、全て解決しました。その時の経験とやり方を脳卒中後遺症でお困りの皆様にお伝えするべく当院ご来院頂いても、あるいは遠方の方も対応できるようにオンラインも対応とさせて頂きます。

 

ご来院希望の方はこちら

遠方でオンライン希望の方はこちら

 

歩行困難よりも5年前、10年前に比べて体が良くなって走れたり、体が使えるようになった私の経験を聞きたくありませんか?
※ご注意ください
動かないから無理です
これは出来ません
ご自分の為に努力出来ない方
すぐに体が変わるあるいは動けると思っている方
1回安いから来てみようと思っている方

以上の方はお断りさせて頂きます。自分もとてつもなく痛い状態で壁ペタストレッチしたり、凄い努力をしてきました。
脳卒中後遺症片麻痺でお困りの方の壊れた体を戻すのは簡単ではありません。

やる気があって本気でなんとかしたい!と思っている方はぜひ当院にご来院ください。