首肩の痛み寝返りで激痛・症例報告 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 首痛 > 首肩の痛み寝返りで激痛・症例報告

首肩の痛み寝返りで激痛・症例報告

背骨チェック

川口市の遠方から2週間以上続く寝返りをすると首肩が痛くて。。。
という事でご来院頂きました。
今回の原因は体の曲がりです。

川口からわざわざご来院頂いた首肩の痛みの状態は?

整形外科に受診して異状なし筋膜炎と言われた。
お近くの整体に行ったがその場は良かったが治る気配が感じられない。
という事でくまさんの整骨院のHPを見てLINEでご予約頂きましてご来院頂きました。

首肩の痛みの事前の生活の注意点

まず、お問い合わせ頂いた時に、可能性をお伝えしました。
遠方の川口市からご来院されるので1日で早く良くしたいのでお伝えさせて頂きました。
単純に考えて首肩の寝返りでの激痛を考察すると、

  1. 利き手の使い過ぎによる首肩の痛み
  2. お腹の筋肉のつまり
  3. 背中の筋肉の固まり

手のストレッチ

などをLINEでお蔦させて頂きました。
更に首肩の痛みや寝返りの首肩の痛みが2週間以上続いているとの事なので
生活スタイルもお話させて頂きました。

床に座る生活でしたら椅子に座るなど生活スタイルを変えて頂く必要はあると思います。とお伝えさせて頂きました。

首肩の痛みで寝返りでの激痛の方に実際川口市からご来院頂きました。

まずは首の痛みがどのようにしたら痛くなるのかチェックさせて頂きました。
左に横を向けない。
上を向けない。
右に横を向いても痛い
という状態でした。
お話したようにまずは手からチェックしていくと少し左に向けるようになりましたが痛みは残っていました。

首肩の痛みにもくまさんの整骨院の整体は有効

お腹の筋肉の短縮も凄かったのでこちらも施術させて頂いてから当院整体の全身矯正を行いました。
施術後、可動域はあがりましたが痛みが残るという事で原因をさがします。

体の右曲がり

このように立っている時も座っている時も体が右に曲がっていました。
それを修正すると痛みがなくなりました。



なぜ体が右側に傾いて首肩が痛くなっていたか?

単順に立っている時も座っている時も体が右に待っていると年齢重ねるとどんどん曲がっていきます。
結果どうなるかは・・・今のお年寄りが教えてくれていると思います。
川口市からバスでお時間かけてご来院頂いているので出来るだけ早く首肩の痛みをなくしてあげたいのですが我慢していた時間もあるのと生活スタイルに色々と問題があるいので寝返りで首肩の痛みがなくなるのは少しかかると思います。

すぐ治る首肩の痛みはすぐ再発する可能性がある

20代なら首肩の痛みが治ってすぐにぶり返す事はないと思いますが、年齢重ねてからだと痛みだけをおっかけていると治っても癖が変わらないとすぐに再発してしまいます。
それを私は身をもって体験していますので原因を追究していきます。
実際に最初にお話ししたお腹の筋肉の短縮は癖になっていますのでそれを毎回短縮を取る事によって首肩の痛みも楽になってきます。

 

 

腰痛になる筋肉

なぜ首肩の痛みがお腹なの?

実際、体が右に曲がっていましたので、このお腹の筋肉が体を右にまげて首肩の痛みに繋がり寝返りが激痛になっています。
このようにしっかりと施術をしていかないと前回整体行った時のように一瞬は楽になるけど、その後はまた首肩の激痛になるという状況になります。

お帰りの際には首肩の痛みが良くなって横も向けるようになって光が見えてきました!とおっしゃっていました。

3回目の施術で大きな癖を発見

2回目の施術では前よりは良いけど、スッキリしないし首肩が重いとの事でした。
3回目のご来院で顎の上がり癖があるので背中を動かして頂きました。
その時に『あ・・・軽い』とびっくりされていました。
体が限界迎えると色々と癖も強くなくるものです。

くまさんの整骨院ではこのように首肩の痛み、頚椎症神経根症、頚椎症などで長く続く痛みや症状の方川口市の方でもご相談ください。

 

くまさんの整骨院のご予約はLINEで。

LINEお問合せ

著者(writer)
金子 太樹

くまさんの整骨院 柔道整復師免許