背中ぎっくりの原因を解説 | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整体コラム > 背中痛 > 背中ぎっくりの原因を解説

背中ぎっくりの原因を解説

急にくる背中の痛み

寝違えで首の痛み、ぎっくり腰で腰の痛みと同じように
背中も痛くなります。
ぎっくり背中になった時の当院の整体

どの動作で痛みが出るか?

整体カイロプラクティックアクティベーター
首や腰に比べると背中は少ないですが、
症状としては背中の痛みは当然ですが、呼吸で痛かったり
腕を上げる背中をねじるなどの動作でも痛みがでます。
体をねじる動作が長い時などにおこりやすいです。
子供を長時間だっこや引っ越しや服の片付けなど。

ぎっくり背中でお困りの方

悪い姿勢には要注意

もちろん床に横すわりや足組などはかなり体をねじるので
背中が痛くなりやすいです。
背中の痛みはいわゆるマッサージなどでは取れにくい症状なので

背中の痛みでお悩みだった方のお話

ぎっくり背中は、背中に急な強い痛みが走る症状です。 背中の筋肉や筋膜の損傷によって起こります。 背中の筋肉が伸びたり縮んだり、捻れたりしたときに、筋肉や筋膜の繊維が断裂したり、損傷したりして痛みが発生します。

ぎっくり背中の原因は、主に以下のとおりです。

  • 無理な姿勢や動作
  • 加齢による筋力低下や柔軟性の低下
  • 運動不足
  • ストレス

ぎっくり背中の症状は、以下のとおりです。

  • 背中に急な強い痛みが走る
  • 背中の筋肉が突っ張る
  • 身体を傾けると痛む
  • 大きく息を吸うと痛む
  • 前屈しようとすると痛みが出る

ぎっくり背中は、受傷直後が最も痛みが強いです。 発症後、2日程度は安静を保ち、痛み止めや湿布などの対症療法を行います。 痛みが軽減してきたら、徐々に体操やストレッチなどを行うことで、筋肉の回復を促します。

ぎっくり背中を予防するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 正しい姿勢や動作を心がける
  • 適度な運動で筋力や柔軟性を維持する
  • ストレスを溜めない

ぎっくり背中がひどい場合や、長引く場合は、を当院にご来院ください。

背中痛のお悩みの方はこちら

 

くまさんの整骨院にお任せください。

腰痛 割引

LINEお問合せ

くまさんの整骨院 柔道整復師免許