手根管症候群の手のしびれについて | 蕨市のくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 手根管症候群の手のしびれについて

手根管症候群の手のしびれについて

手のしびれの原因は、大きく分けて以下の3つに分けられます。蕨市・戸田市・川口市

  1. 神経の圧迫
  2. 血行障害
  3. 内科疾患

手のしびれのブログ

実際の患者さんの事例

神経の圧迫

当院のバナー

手のしびれの原因として最も多くみられるのが、神経の圧迫です。手首や肘、首などの部位にある神経が、骨や靭帯、腫瘍などによって圧迫されると、手のしびれや痛み、運動障害などの症状が現れます。

手のしびれ原因

代表的な神経の圧迫による手のしびれには、以下のようなものがあります。

  • 手根管症候群:手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれたトンネル状の管(手根管)にある正中神経が圧迫される
  • 肘部管症候群:肘の内側にある管状の構造物(肘部管)にある尺骨神経が圧迫される
  • 頸椎症性脊髄症:首の骨(頸椎)が変形したり、骨棘(こつぎょく)が生えたりして、脊髄神経が圧迫される

血行障害

血行障害によっても、手のしびれや痛みなどの症状が現れることがあります。血行が悪くなると、手や指に十分な酸素や栄養が行き届かなくなり、しびれや痛みを引き起こします。

血行障害による手のしびれの原因としては、以下のようなものがあります。

  • 糖尿病:糖尿病による末梢神経障害によって、血管が細くなったり、神経の機能が低下したりして、手のしびれや痛みが現れる
  • 高血圧:高血圧による動脈硬化によって、血管が狭くなったり、血流が悪くなったりして、手のしびれや痛みが現れる
  • 冷え症:血管が収縮して血流が悪くなることで、手のしびれや痛みが現れる

内科疾患

内科疾患によっても、手のしびれや痛みなどの症状が現れることがあります。

代表的な内科疾患による手のしびれには、以下のようなものがあります。

  • 甲状腺機能亢進症:甲状腺ホルモンの分泌が過剰になると、血管が拡張して血流が悪くなり、手のしびれや痛みが現れる
  • ビタミンB12欠乏症:ビタミンB12が不足すると、末梢神経が障害されて、手のしびれや痛みが現れる
  • 膠原病:自己免疫疾患によって、末梢神経が障害されて、手のしびれや痛みが現れる

手のしびれの原因は、上記以外にもさまざまなものがあります。手のしびれが長引く場合や、他の症状を伴う場合は、早めに医療機関を受診して原因を調べてもらいましょう。

手のしびれの症状

手のしびれの症状は、以下のようなものがあります。

  • しびれ
  • 痛み
  • 感覚の鈍さ
  • 力が入らない
  • こわばり

手のしびれは、単純に手や指を使いすぎたために起こる場合もありますが、病気が原因で起こる場合もあります。手のしびれが長引く場合や、他の症状を伴う場合は、早めにご来院下さい。

手のしびれ