蕨市の整骨院、整体院をお探しならくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 50肩

50肩

本日お休みですが、お一人だけ施術しに出社。あまり休まないのは体を壊すのでやらないようにしていますが、仕事の都合上時間があわなくて体の悪い方などはおこないます。

日にちがあけばあくほどなかなか戻らなくなり連続できてもらわなきゃいけなかったりするので。

ふと思いました。「若い女性はがに股ではないのに、なぜおばあちゃんはがに股になるんだろう‥」おばあちゃんが若いときからがに股ではないはず。

ということは年々前屈みになるためにがになっていくのか??と仮説がたちます。

では立っている時歩いている時はがに股になっているのはわかるけど、すわっている時も今までより足をひらくのでは?

更にいえば非対称にひらくのでは?

施術側から言えばお尻をマッサージしてなぜハリが違うか股関節の外旋、内旋もありますが、私生活で足の開きが左右違うから。

基本開いている方にハリが強く痛みがくるはず!

ぎっくり腰では、なぜ1回しかやらない人、何回も繰り返す人、治りの悪い人がいるのか。

①簡単に治る人

普段のからだの使い方のバランスが良い

②1度やってからやらない。

過度のストレスがかかっていたり、特別なことをしてバランスを崩した(引っ越しなど)

③何回も繰り返す人

姿勢が悪くちょっとずつ色々な筋肉に負荷がかかり緊張しているが、メインの筋肉しか緩んでいない。

④治らない人

あらゆる筋肉に負荷がかかり触っていないところの筋肉が短縮している(例、胸やお腹)

そして姿勢も悪く片方の足だけ限界にひらいている事が多い(片足だけがに股の限界)

ストレスは省いて考えてます。

前置きが長くなりましたが、本日の患者様、症状は両肩の可動痛、背中~腰の痛み、手のこわばりです。

まずは

赤丸のお腹を施術します。がに股になってる方は下の赤丸がつまっていて押されるとかなり痛いです。反対の左側は上目がつまります。両方取ると背中のハリがとれます。

お腹が縮まれば裏にある背中が伸びるのは想像つくのではないでしょうか?

いわゆる前屈みになるので肩はいたくなり背中~腰にかけて引っ張られます。

きもは4番の上腕三頭筋です。

そして肩甲骨が動くようにします。

これで肩はだいぶ痛みなくあがるようになりました。

縮んでる右のお腹の方は足を開くのでお尻と太もも外側をゆるめます。

さらにアクティベーターで猫背と腕の使いすぎによる広背筋の緊張とるために胸椎の後方変異をとります。

(もちろん全身矯正してます。)

手のこわばりがあるのでインディバで体側のハリをとります。

施術でも入れましたが左のこわばりが少し残っていたのでさらにインディバで緩めました。肋骨を細かく矯正しても良かったのですが時間がえらくかかる!!

その他も色んな筋肉を緩めています。

一番ご本人治してほしいのは

①前屈み

単純に気おつけの姿勢で体を前に曲げてみてください。そして足を開いて曲げてみてください。開いた方が安定します。だんだん気づかずに前屈みになりますので年齢重ねるごとに足を開き、体を壊していきます。

②右足を開く癖

①と同様ですが、仮に左より右足のが足を開けば右のお腹の筋肉は引っ張られます。それにりバランスを崩し、左側のどこかが痛くなります。内股よりがに股のが安定しますし体の使い方としては良いですが、開きすぎで壊すということです。トイレに自然に座るとどっちのが開いているかよくわかります。

大きくダメージを受けている上腕三頭筋 鎖骨のズレ その次にダメージを受けてる大小胸筋、ちょっとずつダメージを受けている円回内筋、肋間筋、外ふくしゃ筋肉などのお腹の筋肉、これらが全てかさなり肩の痛みを出しています。

コースが違うのでおこないませんでしたが、実は側頭骨、後頭骨も絡みます。

これでも作業的足らないのに、保険治療でよくなるでしょうか?まず無理です。

ここで何度もぎっくり腰をやる方はこのように色んな筋肉が引っ張りあいをしてバランスを崩しています。

そういう方は時間をかけて少しずつ戻してあげるしかありません。施術後はよくなってもまたすぐつかれると「あれ痛い?」という状態になります。

早く治したければ前屈みをやめるためのトレーニングを行う事。

これにつきます。

またも!色々と自分の中で繋がって良い休日出勤でした。

皆様の施術に役立てると思います。

くまさんの整骨院に始めてご来院される方は頭と体の矯正(50分)か全紙矯正のコースでお願いします。

どうしても保険診療じゃなきゃ嫌だという方は他を探していただいた方が良いです。

上記で説明したようにこれだけ細かい作業を保険診療では行えませんし、長年悪ければそんな簡単にいきません。

最近お電話を頂いても空き時間がなくお断りするケースが増えております。出来ればお早めに予約をして頂けると助かります。

本日はお休み頂きましたが、水曜午後は自由診療のみおこなっていますのでその時間をご利用いただけると予約が取りやすくなっていると思います。

 

 

----------------------------------------------------------
蕨・川口の整骨院、整体院なら
くまさんの整骨院
~交通事故労災・各種保険取扱~
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-18-6
ホームページ:https://kumasanno-seikotsuin.com
----------------------------------------------------------