蕨市の整骨院、整体院をお探しならくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > 過剰に反応すると余計に痛い

過剰に反応すると余計に痛い

いつも左肩が痛い方が「レントゲン撮ってきた方がいいですかね?」

とってもいいと思いますけど良い事言われないと、思っておいた方が良いですよ。

確実に手は上がるし、回しても固まっていないのですが、

物凄く力が入っているんです。

①肩が痛いと思うと肩だけで手を上げようとして余計に痛いです。

②背中も使って手をあげましょう。

③この方の特徴としてよく左肩を触ります。

首でも指でもちょっと痛い時は沢山あると思うのですが肩と腰だけなんでそんなに触っているんですか?

触れば触るほど意識すればするほど過剰に反応しますので余計にいたくなりますよ。

別に触ったって痛いの変わらないし、悪化させるだけです。

触ることによって意識が肩にいきすぎてしまう。

他は痛くてもたいして気にしないのに肩だけ過剰反応する事によっていつも痛く感じている。

面白かったのが普通に手を挙げると痛いのですがカバンをかけようと思いっきり上げても痛くないのです。

「今めちゃめちゃ手あがってましたけどいたくなかったんですか??」と聞いてしまったぐらいです(笑)

結構このパターンの痛みは肩と腰に多いです。

腰もバキっといったら痛いとか。冷静に考えると肘でも手首でも指でもバキっといいます。

腰だけ音がしたらぎっくり腰・・・

過剰に反応しています。音がして怖くなって力が入って逃避して自分で壊しているパターンは多いです。

特にぶつけた、捻ったとかでなく日常生活してて痛い所があっても触らない方が、意識しない方が良いです。

首痛、腰痛、膝痛、股関節、臀部痛、背中痛など症状でお困りの方はくまさんの整骨院にご相談ください。

 

----------------------------------------------------------
蕨・川口の整骨院、整体院なら
くまさんの整骨院
~交通事故労災・各種保険取扱~
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-18-6
ホームページ:https://kumasanno-seikotsuin.com
----------------------------------------------------------