蕨市の整骨院、整体院をお探しならくまさんの整骨院

Kumasan-blog

くまさんの整骨日記

HOME > 整骨コラム > ストレスと不安と痛みは比例する

ストレスと不安と痛みは比例する

ちょっとお待ちいただいたのですが右のお尻の痛みがずっーと続いてた方。

この痛みはストレスと新しいことをする不安があると思うのでよくなっても9月末まで危ないですよーと伝えていました。

お待たせしましたどうぞ。とお伝えした時にサッと立ってスタスタ歩き始めました。

「凄い良いじゃないですかぁー」全く痛くなさそうに歩いてますよーとお伝えし、調子どうです?と確認すると大丈夫!!との答えが。

どうしたんですか?急に良くなって。とお伝えすると。

「心療内科にいってお尻が痛いのがなおらないんです!」と先生に伝えたところ「ストレスと不安と痛みは比例するよ」と言われて、今まで私が言ってたことに納得されて後押しされたそうです。

やっぱりそうなんだ!という感覚なんですかねー。

それからは痛くないことはないけど、大幅に痛みが軽減しているそうです。

もったない痛みだなぁーと思っていたので良かったです。

心はなぜ腰痛を選ぶのか?という本と下の写真の本。

この二冊の本は本当にためになります。

慢性炎症はなぜおこるのか?はこの本を読むとわかります。

わざわざ自分で痛みを作っている方はもったいないです。

「なんでこんなに痛いんだろうー?」

と考えるのは無駄とはいいませんがもったいないです。

「私の腰はそんなんじゃない!」と思っている方ももったいないですよー。その痛みはダミーです。

子供が学校行きたくなくてお腹痛くなります。同じことが大人にもおこります。それが腰だったり肩だったりすることが大人は多いです。

もちろんくまさんの整骨院では、歪みだったり、捻れだったり、使い方の間違いを最初に考えます。

ただストレス性の痛みの方は、

1、なにをしても痛みが変わらない

2、いつも痛いと言うけど、楽しいときは痛くない。本当に痛めてれば楽しいことしようとは思いません(笑)痛くて出る気もなくなります。

3、治らないから色々と治療院にいって、色んな話を聞いて混乱して、痛いのは治らない。

4、痛みにたいする不安が大きすぎてかばって動く。

現場で見ているとこんな感じで傾向があります。

例えば右足痛いから階段は左足からあがるとか、前に前屈すると腰が痛いからしゃがむとか。

その動作をする前に一瞬考えて「嫌だなー」というのがストレスと不安です。ストレスと不安がくることによって力んで動作をするので痛いです。

どこに行っても同じ痛みがあるかた、ストレスと不安と痛みは同じと思って頂けると、あなたの痛みは少し変わるのではないでしょうか?

 

 

----------------------------------------------------------
蕨・川口の整骨院、整体院なら
くまさんの整骨院
~交通事故労災・各種保険取扱~
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-18-6
ホームページ:https://kumasanno-seikotsuin.com
----------------------------------------------------------